読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あさっての方向。

サークル「あさっての方向。」のどうでもいい日記です、よろしくお願いします。※なお同名のアニメ作品とは一切関係がありません。

感想:ハヤカワSFシリーズJコレクション『〔少女庭国〕』を読む。

草間ノブユキ 簡易レビュー 小説

 

 

 

 久々のレビューっぽい何かである。

 表紙に惹かれて購入しました。パッと見、表紙(表)の左手の女の子が勇ましく歩いているように見え、何かと戦うことを期待して。

 

 

 作品紹介(あらすじ)*1*2

 

 中3の仁科羊歯子が、目覚めるとそこは暗い部屋だった。卒業式会場の講堂へと続く狭い通路を歩いていたはずなのに。

 一通り確認し、隣の部屋に続くドアに貼り紙を見つける。

 

 

卒業生各位。

 

下記の通り卒業試験を実施する。

ドアの開けられた部屋の数をnとし死んだ卒業生の人数をmとする時、

n-m=1とせよ。

時間は無制限とする。

 

 

 ドアを開けると、同じく寝ていた中3女子が目覚める。

 またたく間に人数は13人に膨れ上がる。脱出条件=“卒業条件”に対して彼女たちがとった行動は…。

 

 

以下レビュー(感想)ぽい何か、という名の雑記

 

 いやー、このあらすじを読んだとき驚きました。卒業式に向かっていただけなのに急に条件を付きつけらるとは。

 僕だったら戸惑ってしまうだろうなあ(笑) そして…

 進撃の巨人とか流行っている作品に似ている部分はあるかも*3

 

 で、この作品、表題作はそれほど長くないんですよね。大体、60頁くらいかなあ。あと、残りの200頁弱くらいは補遺です。

 色んな女の子が暗い部屋で目覚めては××したり、しなかったりするんですよね。××の内容は、脱出条件=“卒業条件”を満たすに殺し合ったり、この閉じた世界で社会を作って生きていったりと、色々あるのですが。

 この辺りは読んだほうが分かり易いですね、きっと。

 

 閉じた世界では現実の世界で起こった様なことが起こります。技術だったり、哲学だったり、文化だったり、が花開く。

 この辺りが面白かったんです。閉じ込められて部屋からの脱出(n-m=1とせよ)というような話を書こうとすると、どうしても「バトル・ロワイアル」的なものになりがちなんですが、この作者はそうしなかった。

 ここが大したものだなあ、と。これ以上はネタバレになるのでここまで。

 

 一味変わったものが読みたいと思った時に如何でしょうか?

 損はしないと思いますよ?

 

 

 …とレビューっぽい何かでした。

 次回も読んで頂ければ幸いです。それでは失礼します。

 

(文・草間ノブユキ)

 

 

*1:表題作「少女庭国」

*2:amazon該当ページ、内容(「BOOK」データベースより)参照

*3:とある条件下におかれる的な部分で。多分、それが今にリアルなのかもしれない。